よくある質問

  • よくある質問
  • ご予約・お問い合わせはこちら

Tel.03-6447-1080

電話受付時間:[月・水・金] 13:00~21:00
[木・土] 11:00~21:00
休診日:日曜日・火曜日

よくある質問

予約について

Q.予約は必要ですか?
A.はい、予約制となっております。ご希望のお日にちお時間をお知らせくださいませ。

Q.当日の急な予約はできますか?
A.空きがございましたらご案内できます、お気軽にご相談くださいませ。

Q.どのコースに悩んでいます、決めずに予約できますか?
A.予約フォームにて「来院してメニューを決めたい」をご選択頂き、どうぞそのままご来院くださいませ。お身体や美容のお悩みについて、お話を伺いながら、各コースのご説明、最適なコースをご提案させていただきます。

Q.複数のコースを同時に受けることはできますか?
A.はい、可能です。お得なオプション料金がございます。
当日のご体調やお悩み、ご体質も考慮し、最適なコースをご提案させて頂きます。
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

Q.着替えを持参したほうがよいですか?
A.施術室にてお着替えをご準備しております。普段通りの服装でお越しくださいませ。

お支払いについて

Q.クレジットカードは使えますか?
A.施術料はクレジットカードでお支払いいただけます。VISA / MASTER / AMEX / JCBがお使いいただけます。

Q.健康保険は使えますか?
A.当院のコースはすべて自費施術となっており、健康保険の適用外となります。

Q.どのコースに悩んでいます、決めずに予約できますか?
A.予約フォームにて「来院してメニューを決めたい」をご選択頂き、どうぞそのままご来院くださいませ。お身体や美容のお悩みについて、お話を伺いながら、各コースのご説明、最適なコースをご提案させていただきます。

施術について

Q.鍼灸の鍼はどのくらいの痛みですか?
A.使用する鍼は髪の毛や睫毛ほどの細さです。
注射やお裁縫で使用する針よりずっと細いく、できるだけ痛みを伴わない形状で開発されています。初めてお越しになった患者様より「思ったよりも刺激がないんですね」「気持ちいいですね」とご感想を頂くことが多いです。

患者様に合わせて刺激を調整しておりますので、患者様が怖いと思うことはいたしません。
怖いと思われる場合は、刺激の少ない刺さない鍼(ツボ刺激マシンを使用)と組み合わせての施術もご提案させて頂いております。

Q.お灸は熱くないですか?
A.当院では「温かく気持ちのよい」お灸をしております。
その日のご体調により、感じ方が変わることがございますので、
何でもご遠慮なくお伝えくださいませ。

Q.衛生面は大丈夫ですか?
A.使用する鍼は、滅菌されており、すべて使い捨てでございます。
ご安心くださいませ。

Q.鍼灸の鍼で血が出ることはありますか?
A.血液の流れに滞りのある箇所では、血管の弾力が弱っているため、稀に出血することがございますが、出血の量はごく少ないものです。
滞りを解消しようという体の自然な反応として、東洋医学では良い傾向と考えます。
どうぞご安心くださいませ。

Q.施術後に跡は残りますか?
A.鍼灸を行った皮膚表面がほんのり赤みを帯びることがございます。
これは血行が良くなった反応です。しばらく時間が経つと元に戻ります。

また、ごく稀ですが、内出血が起こる可能性がゼロではございません。
内出血は、血液の流れに滞りのある箇所では血管の弾力が弱っているために発生し、東洋医学では、滞りを解消しようという体の自然な反応で、お身体を活性化する良いことと考えられています。その部分の組織が新しくなり、新鮮な血液を作り出し、細胞の新陳代謝促進作用がございます。

万が一、内出血になった場合には、ご体質、また体の部位により個人差はございますが、多くは1日〜数週間程で消え、ファンデーションで隠せることがほとんどです。

内出血ゼロをご希望の場合もご対応可能ですので、ご相談ください。
刺さない鍼(ツボ刺激マシンを使用)と組み合わせた施術もご提案させて頂いております。

Q.副作用はありますか?
A.血行が良くなることで、お風呂に長く入った後の湯あたりのような怠さや眠気を感じる方が稀にいらっしゃいます。
当日夜にお休みいただき翌朝には解消されております。
治療当日のご予定に合わせてご調整することもできます、ご心配なことがございましたらお気軽にご相談くださいませ。

Q.風邪をひいていますが施術を受けても大丈夫ですか?
A.基本的にはどのような状態の方にも鍼灸施術をおすすめできますが、
当院までお越しになることが困難なご不調がおありの場合は日程の変更をご提案させて頂く場合もございます。
どうぞお気軽にお電話くださいませ。

Q.生理中に施術を受けても大丈夫ですか?
A.生理中でも鍼灸施術を受けていただいて問題ありません。
生理痛や月経不順など、女性ならではの婦人科のお悩みは鍼灸治療の得意とするところでもございます。どうぞお気軽にご相談くださいませ。

Q.妊娠中に施術を受けても大丈夫ですか?
A.ご懐妊後、初めて当院にご来院くださる方には、
ご担当の産婦人科の医師にご相談いただき、施術の許可を頂くようお願いしております。

Q.施術の当日に気をつけることはありますか?
A.施術の後は血流が良くなっております。
熱いお風呂や長湯は湯あたりしやすくなっておりますのでご注意くださいませ。
もしお仕事やお出かけなど、当日の施術の後のスケジュールを考えてご不安な場合は、ご相談くださいませ。
お一人お一人に合わせての施術をしております、ご調整申し上げます。

Q.施術の後に、お酒を飲んでもいいでしょうか?
A.鍼灸治療の後は血流が良くなっております。
そのため、いつもよりも酔いが早く回る方もいらっしゃいます。
飲酒量を抑えたり、お水を多く摂るようご注意頂ければと存じます。
当日の施術の後のスケジュールを考えてご不安な場合は、ご相談くださいませ。
お一人お一人に合わせての施術をしております、ご調整申し上げます。

Q.男性でも施術を受けることができますか?
A.当院には男性の患者様も多くご来院くださっております。

効果について

Q.鍼灸の施術にはどのような効果がありますか?
A.鍼灸は、WHO(世界保健機構)によって多くの疾患に対して有効であると正式に提示されております。
適応疾患とされているもの以外も、病院やクリニックでの治療や投薬と併用して鍼灸を行うことで、治療効果を向上するケースもございます。また鍼灸は、体質改善、どこか辛い・不調がある、健康維持やアンチエイジングにも有効とされております。

また、鍼灸は世界の多くの国において現代医学を補完、代替する医療として認知され、併用されるケースが増えてきています。まずは一度お気軽にご相談くださいませ。

<WHO鍼灸適応疾患>
(※こきゅうのページ参照 https://kokyu-m.com/oriental.html)

神経系疾患神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
運動器系疾患関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系疾患気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系疾患胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分秘系疾患バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖、泌尿器系疾患膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
耳鼻咽喉科系疾患中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
眼科系疾患眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科疾患小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

<当院でご相談の多いお悩み>

コリ・痛み頭痛・肩こり・首こり・腰痛・膝痛・股関節 など
疲労肉体疲労・眼精疲労・イライラ・やる気がでない・眠れない など
婦人科疾患不妊症・生理痛・無月経・生理不順・子宮内膜症・子宮筋腫 など
消化器疾患便秘・下痢・胃痛・食欲がない など
その他むくみ・のぼせ・多汗症・原因不明の症状・うつ・甲状腺疾患・ネフローゼ・手術後のケア など

Q.鍼灸の効果はどのくらい持続しますか?どのくらいの間隔で通えば良いですか?
A.美容鍼灸の効果についてはこちら→

お身体の健康鍼灸の施術効果は、お悩みの性質や原因によって異なります。
1回〜数回で解決できることもあれば、お悩みの深さによってじっくり向き合う必要がある場合もございます。
お悩み解決への近道となる方法をカウンセリングと施術でご提案してまいります。
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

美容鍼について

Q.どのくらいの年齢層の方が多いですか?
A.高校生〜80代まで、幅広く美容鍼灸を楽しんでいただいています。
年齢毎のお悩みに合わせて施術をしております。

Q.効果はどのくらい続きますか?
A.効果には個人差がございますが、初めてご来院の患者様のご感想では、
1週間〜10日くらい効果が続いたというお声が多いです。
定期的に施術を続けていくことで、持続効果が長くなって行く傾向にあります。
ご体質やお顔の組織が改善し、本来の力を取り戻していきます。

Q.美容鍼灸の効果が出るのは何回目くらいからですか?
A.概ね、初回の施術から「効果を実感できた」とのご感想を頂いております。
その後、繰り返し施術を受けて頂くことで、持続効果が長くなって行く傾向にあります。
効果の定着を早めるには、初回より1〜2週間に1回のペースでワンクール(〜6回程度)
集中的にご来院いただき、その後、その方に適切なペースでメンテナンスをおすすめしております。
お悩みの箇所や原因により個人差はございます。
詳しくは施術を担当する鍼灸師よりご案内いたします。

Q.改善にはどのくらいの期間が必要ですか?
A.ご体質やお顔のお悩みの内容によって個人差がございます。
美容鍼灸を始めてみたいと思われたきっかけ・目的もお伺いし、ご相談の上でスケジュールをご提案させて頂きます。
初回からしばらくの間は改善の効果を長持ちさせていくために、1〜2週間に一度のご来院をお勧めしております。
詳しくは施術を担当する鍼灸師よりご案内いたします。

Q.内出血はしますか?
A.内出血の可能性はゼロではありませんが、”誰でも起こる” “毎回起こる”ものではございません。ほとんどの方が心配なく施術をされています。

内出血は、血液の流れに滞りのある箇所では血管の弾力が弱っているために発生いたします。
万が一、内出血になった場合には、ご体質、また体の部位により個人差はございますが、多くは1日〜2週間程で消え、フェンデーション等で隠せることがほとんどです。

東洋医学では内出血は滞りを解消しようという体の自然な反応とされ、ご体質やお悩みの改善には良い傾向と考えます。
その部分の組織が新しくなり、新鮮な血液を作り出し、お肌の細胞の新陳代謝の活性化に効果がございます。

内出血ゼロをご希望の場合もご対応可能ですので、ご相談ください。
刺さない鍼(ツボ刺激マシンを使用)と組み合わせての施術もご提案させて頂いております。

Q.肌荒れ・アトピー症状がありますが、施術を受けられますか?
A.肌荒れやアトピー症状で炎症が強い場合(腫れや痛み、赤みがある状態)、炎症を抑える効果のある治療を合わせて行います。
お身体や美容のお悩みについて、お話を伺いながら、各コースのご説明、最適なコースをご提案させていただきます。
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

Q.美容鍼を受ける場合はお化粧を落とす必要はありますか?
A.スタンダード美容鍼灸コースは、メイクをしたままお受け頂けますが、
施術中に消毒、お顔を触れさせて頂いており、ファンデーションが崩れることがございます。
メイクのお直しをされる場合には、メイクブースがございますので、メイクグッズをご持参くださいませ。

またプレミアム美容鍼灸コースでは、施術内容にクレジングが含まれておりますため、
施術時にメイクオフをさせて頂いております。

Q.ボトックス注射やヒアルロン酸注射など美容治療を受けているのですが、 美容鍼はできますか?
A.美容外科で行う美容治療との併用も基本的には問題ございません。

お受けになった(または受ける予定の)美容治療に合わせて施術を行ない、炎症が強い場合(腫れや痛み、赤みがある状態)は、炎症を抑える効果のある施術を合わせます。
ボトックスやヒアルロン酸では、その持続効果を最優先させ、注入部分以外に鍼灸施術を行います。

また、外科手術直後、強いレーザー治療を行なった直後のご来院をご希望の場合は事前にご相談ください。
ご心配の場合は担当医師にご相談をされてからのご来院をお勧めしております。

MENU

メニュー

 

PICK UP
ピックアップ